ソラリスの葡萄畑(2017年10月1日)

9月21日に小諸ワイナリー周辺のソーヴィニヨン・ブランの畑で収穫がおこなわれました。ソーヴィニヨン・ブランの特長であるフレッシュな味わいを残すため、果汁の温度が上がらないように、まだ日の昇らない5時過ぎから準備にかかりました。

↑ 収穫準備

↑ 糖と酸のバランスを見ながら最適な収穫日を決めます。

↑気温は10度を少し上回った冷涼な中、収穫が始まりました。ソーヴィニヨン・ブランの収穫は時間との勝負。小諸ワイナリー総出で収穫にあたります。

↑ソラリス醸造責任者の島崎と工場長も早朝からお手伝い。

↑無事収穫を終了しました。今年のワインも大いに期待できます。