税込16,500円以上のお買上で何本でも送料当社負担

千曲川 龍眼 2021 [日本ワイン]

価格: ¥1,990 (税込)
数量:

返品についての詳細はこちら

twitter

タイプ:

品種 :

  • 龍眼

味わい:

  • 辛口
  • 酸味ほどよい

絶滅寸前の状態からマンズワインが蘇らせ、大切に受け継がれてきた品種

「龍眼」は長野県で「善光寺ぶどう」とも呼 ばれ、絶滅寸前の状態からマンズワインが蘇らせ、日本ワインの原料として育成した品種です。
小諸ワイナリーの歴史と共に、マンズワインが深い想いを持って大切にしてきました。
「龍眼」から造られたワインはすっきりとしたさわやかな酸味で、繊細で気品のあるワインになります。

品種 龍眼
ぶどう産地 千曲川ワインバレー東地区特区
内容量 750ml
ALC(アルコール分) 12%
タイプ ロゼ オレンジ スパークリング ジュース
味わい 辛口
酸味 ほどよい
飲み頃温度 8-10℃
醸造責任者 西畑 徹平
千曲川シリーズ
発展著しいワイン産地で

長さ約100キロに及ぶ千曲川に沿った長野県北東部に位置する千曲川流域は、絵画のように美しい渓谷が点在しており、訪れる人を魅了します。少ない降水量、長い日照時間と水はけが良い土壌といった、日本の中でも有数のぶどう栽培に適した土地で、今ではワイナリーやワイン用ぶどう畑も増え、ワイン産地として注目を集めています。

新たな答えを求めて

山梨県勝沼町で1962年に創業したマンズワインが、次なるぶどうの栽培適地としてぶどう作りに求められる条件を徹底的に調査し、1971年長野県千曲川流域にいち早く契約栽培地を拓きました。その中心地に小諸ワイナリーを開設したのは1973年のことです。そして今、プレミアム日本ワイン「ソラリス」シリーズとは異なるアプローチで、千曲川流域のテロワールを表現するチャレンジを続けているのが「Chikumagawa」シリーズです。

もうひとつの挑戦
土地に合う品種を探し求める

土地に合う品種を探し求める

千曲川流域の土地を表現するために、試行錯誤を繰り返し新たな品種の可能性を探っています。例えば世界でも栽培が難しいとされるピノ・ノワールや、長野県ではあまり作られていないマスカット・ベーリーA、そのほかマンズワインの独自交配品種などにも積極的に取り組んでおります。

個性を引き出すための栽培と仕込み

個性を引き出すための栽培と仕込み

千曲川流域の中でも、その品種に合った栽培適地を探します。固定概念にとらわれずに、その土地や品種を活かす仕立て方や栽培方法を試行錯誤しています。細やかな畑の観察と管理が一層求められるビオロジック栽培の取り組みもその一つです。また全房発酵などの仕込み方法も取り入れ、土地の個性を最大限引き出しています。

CALENDAR
  • 今日
  • 発送休業日

通常ご入金確認後3営業日以内に発送いたします。
但し、発送休業日におけるメールでのお問い合わせの回答・ご入金の確認・商品の発送は翌営業日以降順次対応とさせていただきます。商品到着までに予め余裕をもってご注文下さいますようお願い申し上げます。