税込16,500円以上のお買上で何本でも送料当社負担

ソラリス ル・シエル 2022 [日本ワイン]

価格: ¥7,150 (税込)
数量:

返品についての詳細はこちら

twitter

タイプ:

品種 :

  • シャルドネ
  • 信濃リースリング
  • ソーヴィニヨン・ブラン

味わい:

  • 辛口
  • 酸味ほどよい

小諸の土地とヴィンテージのテロワールを最大限引き出した、豊かなアロマが広がる白

小諸ワイナリーに隣接する「Le Ciel」と名付けたひと続きの畑から、3品種のぶどうを同日に収穫し、一緒に搾って発酵させる “混醸”と呼ばれる製法で造りました。シャルドネ、信濃リースリング、ソーヴィニヨン・ブランを使用しています。その土地ならではの風土や個性を意味する“テロワール” の表現にフォーカスしたワインです。

外観は輝きのあるグリーンがかったイエロー。白桃、洋梨、グレープフルーツなどのフレッシュな果実に白い花束、セージやミントなどの清涼感のある香りなどが幾重にも重なっています。アタックにはボリューム感のある生き生きとした果実味が口いっぱいに広がります。その後綺麗な酸味が現れハーバルな印象とともに奥行きも感じられます。

日本ワインコンクール2023 [欧州・国内改良品種等ブレンド]部門 銅賞

品種 シャルドネ/信濃リースリング/ソーヴィニヨン・ブラン
ぶどう産地 長野県小諸市大里地区
内容量 750ml
ALC(アルコール分) 13%
タイプ ロゼ オレンジ スパークリング ジュース
味わい 辛口
酸味 ほどよい
飲み頃温度 8-10℃
醸造責任者 西畑 徹平
ソラリスル・シエル2022
ソラリス醸造責任者「西畑」の想い

小諸の土地のテロワールを表現することを目指し、フィールドブレンド(混醸)にチャレンジする「ソラリス ル・シエル」。
まだ収穫日の決定なども試行錯誤で、永年この畑を見てきた経験と感性を頼りに行っている段階ですが、今まで発売したどのヴィンテージにも違う表情(ヴィンテージ由来)と共通のニュアンス(土地由来)がありテイスティングする際はいつも楽しませてくれています。ソラリス ル・シエルは、是非、ヴィンテージごとの違いも楽しんでいただきたいワインです。
また、熟成による発展性も未知数ではありますが楽しみなワインですので、これから長い目で見守っていただければ幸いです。

「小諸」という土地、テロワールの表現

新たに混醸にチャレンジしたのは、個々のぶどう品種ではなくその土地・区画でのタイミングで収穫し、より長い時間共に育てることでアッサンブラージュ以上の複雑さ、そしてハーモニーが生まれ、小諸の土地のテロワールを表現できる可能性があるのではと考えたからです。
現代の一般的なブレンドワインの多くは、「アッサンブラージュ」という方法で、品種ごとに栽培、醸造してワインになった状態でブレンドします。一方で「混醸」は、複数品種のぶどうを一緒に搾って発酵させる醸造法です。ル・シエルのワイン造りは、同じエリアの同じ日に収穫したぶどうを混醸する「フィールドブレンド」と呼ばれるもので、近年世界的にも再認識されています。より畑の特徴を引き出すアプローチの一つと考えています。
今回、「お客様が喜ぶテロワールの表現されたおいしいワイン造り」を模索する中で、小諸にシャルドネ、信濃リースリング、ソーヴィニヨン・ブランの3品種が良く出来る土地を見つけることができました。
また、数十年に及ぶ栽培・醸造の経験から、それぞれの品種の特徴をつかんでもいます。品種の割合は、最終的なワインの個性に影響を与えますので、その畑のぶどうの個性を深く理解していることも重要なポイントです。
「混醸」に取り組む下地が十分に整い、「小諸」という土地の新たな可能性をひき出すことにチャレンジできたのです。

シャルドネ・信濃リースリング・ソーヴィニヨン・ブラン
混醸とアッサンブラージュの違い

アッサンブラージュはそれぞれの品種にあったタイミングで収穫し、出来上がったワインを好ましいと思うバランスに調整できるため、造り手のイメージしたワインに組み立てることが出来ます。反面、人の及ぼす影響は大きくなります。
混醸は畑全体のタイミングを見て収穫するため、そこですべてのバランスが決まります。そのため、よりその土地、品種への理解が必要になり、出来上がったワインにはよりテロワールが表現されると考えています。

混醸とアッサンブラージュ
畑

小諸ワイナリーに隣接した自社管理畑で、シャルドネのトップキュヴェ「ソラリス 小諸 シャルドネ ヴィエイユ・ヴィーニュ」の畑とは道を一本隔てた場所にあります。
標高670~680mに位置したゆるやかな南向き斜面で、土壌は埴壌土(粘土がかなり多いが少し砂も含まれる)です。ぶどうは「ル・シエル」に使用した3品種の他に、メルローも植えられています。
ワイン名「ル・シエル」はフランス語に由来する「空」「天」を意味する言葉で、畑のある「天神」とよばれる地名(小諸市諸字天神、及び小諸市西原字天神前にまたがる)から命名しました。

天神地区の地図
収穫

3品種を同日に収穫します。
畑のそれぞれの品種の熟度の違い(糖・酸のバランス、香り成分の熟度など)を見極めて収穫のタイミングを決めます。この3品種の熟度を見極めることは非常に難しく、長年の経験と日々の観察力が必要とされ、栽培管理の技術があってこそできるワインだと考えています。

醸造

3品種(シャルドネ約55%、信濃リースリング約30%、ソーヴィニヨン・ブラン約15%)を混合で全房プレスします。そうして得られた参加が抑えられたクリアーな果汁を発酵させることで、それぞれの品種の相互作用、果汁の段階から混ざることで沈殿するもの、溶けやすくなるものがあり、より品種間の調和が取れると考えています。
発酵・熟成には450Lの大きめの樽(古樽)とステンレスタンクを併用し、樽の影響をおだやかにしています。
全体として過度な装飾をしないぶどうの個性を生かした醸造を心がけています。

ワインノート
ソラリス ル・シエル 2022

ヴィンテージ
春は気温の上昇、冷え込みが細かく繰り返されましたが、平年並みに生育が進みました。
6月に入りまもなく梅雨入りしましたが雨は少なく、6月27日に異例の早さで梅雨明けが宣言されました。1週間ほど猛暑が続きましたが、それ以降は雨や曇りの日が続き、後日、梅雨明け日は7月23日と大幅に修正されました。夏場も日中の雨は少ないものの、夜間の降雨が多く、新梢や雑草の伸びが強い年となった。
10月中旬以降は天候が回復し、終盤まで涼しく晴れた日が続きました。全体的に酸の低下は緩やか、糖度は収穫後半ほど好天の影響を受けて高い傾向がありました。健全で糖度は十分、酸度はやや高めで、バランス、香りも良い申し分のないぶどうが収穫できました。

テイスティングコメント
外観は輝きのあるグリーンがかったイエロー。
白桃、洋梨、グレープフルーツなどのフレッシュな果実に白い花束、セージやミントなどの清涼感のある香りなどが幾重にも重なっています。
アタックにはボリューム感のある生き生きとした果実味が口いっぱいに広がります。その後綺麗な酸味が現れハーバルな印象とともに奥行きも感じられます。

ご購入はこちら

CALENDAR
  • 今日
  • 発送休業日

通常ご入金確認後3営業日以内に発送いたします。
但し、発送休業日におけるメールでのお問い合わせの回答・ご入金の確認・商品の発送は翌営業日以降順次対応とさせていただきます。商品到着までに予め余裕をもってご注文下さいますようお願い申し上げます。